元英会話講師がスタディサプリENGLISH新日常英会話の勉強法・進め方を伝授

スマホで楽しく英会話を学べると利用者から大好評のスタディサプリENGLISH「新日常英会話コース」。

スタディサプリENGLISHに限った話ではありませんが、学習の効果を最大限引き出すためには、教材やアプリの最適な使い方・勉強法を理解しておいたうえで取り組むことが重要です。

この記事では、スタディサプリENGLISHの新日常英会話コース(以下、スタディサプリENGLISH)を使った勉強法やレッスンの進め方を紹介していきたいと思います。

日本人はなぜ英語が喋れない?

海外旅行先や、訪日外国人に対して英語を話そうとしたとき「6年間も英語を勉強したのに、いざ喋ろうとしたら全然英語が口から出てこない・・・」という経験をしたことがある方は少なくないのではないでしょうか。

中学・高校であれだけ英語の授業を受けてきたはずなのに、なぜこれほど多くの日本人が英語を話すことを苦手としているのか。

日本人が英語を喋れない原因はいくつかあります。

読み書き中心の教育でアウトプット量が不足している

大きな理由は日本の学校で行われている英語教育は、単語や文法の丸暗記、「読む・書く」の学習が中心となっていることです。

英語でコミュニケーションを取れるようになるためには、相手の言うことを聞き取り、自分で言いたいことを英語で表現する必要があるため、「聴く・話す」の力が不可欠です。

しかし、前述のとおり日本の英語教育はインプット重視型であるため、英語のアウトプット量が圧倒的に不足しています。

これが、日本人が英語を喋れない最大の原因と考えられています。

英語を口に出して話して練習する機会を増やさないかぎり、自分の中に知識が増えていくだけで、実際に使える知識にはなっていかないからです。

英語を話すことに苦手意識がある

日本人が英語を話すことを苦手とするもう一つの理由は、英語を話すことに苦手意識や恥ずかしさを覚える人が多いためです。

日本で英語を話していると、周りから物珍しいものを見るような目でジロジロ見られた経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

日本人特有の英語コンプレックスが蔓延っているが故に、英語を話す人を面白おかしく見る人がいて、話す方も周囲を気にして間違えを指摘されるのではないかと心配してしまい、英語を話せる人は一向に増えない・・・というように悪循環となっているのです。

しかし、やはり英会話ですがら、話さないことには上達しませんよね。

「周りの目を気にせず英語を話せるマインド」を身につけることが、英語を話せるようになるための大事なファーストステップとなるのです。

スタディサプリENGLISH新日常英会話で英語を話す練習をしよう

とはいえ、日本で普通の生活を送っている人であれば、英語を話せる機会なんてないよという方が殆どかと思います。

最近では、外国人と交流できる英会話カフェや、国際交流ができるSNSサービス、オンライン英会話なども増えてきましたが、「いきなり外国人と交流する勇気はない」「英語力が不十分だし人と話すのはハードルが高い」という方も多いでしょう。

そこでおすすめなのがスタディサプリENGLISHの「新日常英会話コース」(以下、スタディサプリENGLISH)です。

スタディサプリENGLISHは、耳で聞き口で話しながら英会話を学ぶことができます。

また、スタディサプリENGLISHはスマホで英会話の練習ができるので、間違えることを恐る必要がなく、英会話を話すことへの恥ずかしさや抵抗を払拭することができます。

スタディサプリENGLISH新日常英会話コースの学習メソッド

スタディサプリENGLISHのレッスンの進め方について解説するまえに、まずはスタディサプリENGLISHがどのような英語学習メソッドを採用しているのかについて説明していきたいと思います。

スタディサプリENGLISHが提唱する学習メソッドでは、

  1. インプット
  2. アウトプット
  3. レビュー
  4. インタラクション

という4つのステップを踏んで学習を行っていきます。

「名前だけ聞いてもよく分からない」という方も多いと思うので、各ステップについて簡単しておきたいとおもいます。

インプット

まずは、実際のビジネスシーンで使える英語表現やフレーズを習得していきます。

インプットの量(=自分の中にある英語知識)が欠けている状態では、英語の文章を適切に組み立てることができないため、英語を話せるようになるためには、基本的にはまずインプットから行う必要があるのです。

コンパクトな動画講義を視聴しながら、キーフレーズ活用のアドバイスや、重要表現をより深堀した解説を聞いていきます。

動画で解説を担当するのは、NHKラジオ講座も担当するネイティブ講師のスティーブ・ソレイシィ先生。

数々の英会話に関する学習書を出版されいる人気講師の方です。

ソレイシィ先生は、英語の発音が完璧なのはもちろん日本語もとても達者で、日本語と英語を必要に応じて使い分けてくれるので、解説が非常に分かりやすいと好評ですよ。

アウトプット

インプットの次は、アウトプットです。

アウトプットなので、自分の頭の中にインプットした知識を引き出して、実際に使ってみるという段階です。

スタディサプリENGLISHでは、「リード&ルックアップ」、「瞬間発話プラクティス」などのアウトプットトレーニングを通して、レッスンの中で学んだキーフレーズや表現をアウトプットしていきます。

これらのトレーニングを通して、覚えた単語や表現を実際にアウトプットしてみることで、本当に覚えられているかのチェックになります。

インプットした知識を引き出す練習にもなるので、知識がより定着するうえ、使える英語へとランクアップさせることができます。

「リード&ルックアップ」や「瞬間発話プラクティス」がどういったトレーニングなのかは、記事の後半で詳しく説明していきます。

レビュー

レビューとは、復習のことを指します。

スタディサプリENGLISHでは、週に1回「重要表現チェック」を行うようにレッスンのカリキュラム構成ができています。

「重要表現チェック」では、これまで行ってきたレッスンで学んだキーフレーズが、ちゃんと定着しているかを確認していきます。

定期的な復習を行わないと、せっかく学んだこともどんどん忘れていってしまうので、復習も蔑ろにせず必ず行うようにしましょう。

インタラクション

最後に、インタラクションです。

スタディサプリENGLISHが、独自で作成&提供している英会話レッスン用の教材を使って、スタディサプリが提携しているオンライン英会話スクールのレッスンを受けることができます。

スタディサプリENGLISHで学んだことをもとに、レッスンの中で講師を目前にして会話を実践していきます。

アウトプット練習ができるのはもちろん、講師からフィードバックを受けるので、スタディサプリENGLISHを使った今後の自習に活かしていくことができます。

スタディサプリENGLISHのレッスンの進め方

では、スタディサプリENGLISHが提供している学習メソッドについて理解していただけたかと思いますので、その学習メソッドにもとづいて実際にどのようにスタディサプリENGLISHでは学習を進めていくのか、具体的に説明します。

まず、スタディサプリENGLISHのレッスンは、Lv.1〜Lv.4までの4つのレベルにわけられています。

それぞれのレベルには以下のような目安が設置されています。

  • Lv.1(TOEIC400点レベル)
  • Lv.2(TOEIC600点レベル)
  • Lv.3(TOEIC730点レベル)
  • Lv.4(TOEIC860点レベル)

上記の目安を参考にしながら、自分のレベルに合う講座を選んで取り組んでいきましょう。

TOEICを受験した経験のない方や、英語力に自信がない方は、まずはLv.1から順番に行っていくと良いでしょう。

では早速、スタディサプリENGLISHでのレッスンの進め方を説明していきます。

スタディサプリENGLISHのレッスンはそれぞれ、7つのコンテンツで構成されています。

各コンテンツでの勉強法を順番に解説していきます。

会話理解クイズ

最初に行うレッスンは「会話理解クイズ」です。

クイズに間違えてしまっても、嗣狗ステップで行われる解説が丁寧すぎるほど丁寧なうえ、何度も繰り返し練習するので、しっかり内容を理解することができますよ。

最初に、ドラマ仕立てのストーリーを聞き取っていきます。

動きのあるキャラクターが画面に表示されるので、人と向かい合って話しているようなイメージを持って音声を聞くことができます。

会話の音声が終わると、会話の内容をきちんと理解できているか確認するクイズが出題されます。

問題を解き終えたら、解答と解説を確認します。

間違えてしまった問題がある場合は、ここですぐに音声を一度聞き直しておくことをおすすめします。

右下の矢印ボタンを押すと、聞いた音声を再度再生することができます。

また、「会話文を確認」をタップすると、文章のスクリプト(=英文字幕)と和訳を確認することができます。

うまく聞き取れなかった部分や意味を理解できなかった部分があったら、スクリプトと和訳を確認してしっかり理解しておきましょう。

内容を理解したら、「次へ」を押して次のコンテンツへ進みます。

単語・イディオムチェック

「会話理解クイズ」の次に行うのは、単語・イディオムチェックです。

一つ前の「会話理解クイズ」の音声で出てきた重要な語彙・表現を、単語クイズを解きながら習得していきます。

問題は四択形式で出題されていきます。

画面に表示される英単語に最も適切な和訳を選択していきましょう。

ディクテーション

次に行うのが、「ディクテーション」。

「ディクテーション」とは、音声を聞き取って紙に起こしていくトレーニングです。

英語を細部まで集中して聞き取る力をつけることができ、リスニング力アップに効果的です。

通常は、音声を紙に書き起こしていく必要がありますが、一方でスタディサプリENGLISHでは画面に表示されるキーボードに文字を打ち込むだけです。

スマホ一つで気軽に取り組めるので、通勤時間の電車の中でも行いやすく嬉しいですね。

一度で聞き取れなかった場合は、スピーカーボタンを押して再度音声を確認しましょう。

何度も繰り返し音声を聞いてみて、これ以上聞いても分からない!となるまでは、答えを確認してしまわずに、自力で解答するようにしましょう。

難しい場合は、速度を遅いに変更してみたり、一文字ヒントを表示させてみてください。

会話文チェック

ディクテーションの次は、会話文を1文ずつ聞いていく「会話文チェック」になります。

会話音声のスクリプトと音声を確認し、今一度本文の内容をきちんと理解できているか確認するステップです。

上部にある解説タブをタップすると、文中で使用された単語やフレーズを一覧で確認することができます。

 

全て確認を終えたら、「次へ」を押しましょう。

キーフレーズチェック

会話文を全体的にチェックしたあとは、重要キーフレーズについての講義動画を視聴して学習していきます。

講義動画でキーフレーズの解説を担当するのは、人気ネイティブ講師のスティーブ・ソレイシィ先生です。

ソレイシィ先生の解説動画は、「神授業」と呼ばれるほど分かりやすいと大好評です。

動画を視聴してフレーズについてよく理解したら、次へ進みます。

リード&ルックアップ

次は、「リード&ルックアップ」のトレーニングです。

リード&ルックアップは、英文を音読したあとに、英文は見ないで和訳だけを見て、英文を思い出しながら音読するトレーニングです。

声が出せる場面では、「声が出せる」を選んで行いましょう。

声を出すやり方では、自分の音読音声を自動でアプリが録音してくれます。

自分の音声とお手本の音声を聞き比べることができるので、改善点や弱点を自分で見つけることができます。

声が出せない場面では、「声が出せない」をタップし、口パクで取り組むようにしましょう。

まずは英文を見ながら通常通りの音読をします。

次に、英文が非表示になるので、日本語の文を見て、先ほど音読した英語を思い出しながら発話します。

瞬間発話プラクティス

最後は、「瞬間発話プラクティス」のトレーニングになります。

瞬間発話プラクティスは、指定された会話シーンの中で、英語を話す練習をするトレーニングです。

「相手の発言」ボタンを押すと、架空上の話し相手による質問やセリフが流れます。

相手の発言に答えるイメージで、自分がそのシチュエーションだったら何て回答するか考えながら発話してみましょう。

録音開始ボタンを押すと、録音が自動で開始されるので、回答した後に録音された自分の音声を確認して、「もっとこう言えばよかったな」「この文法の使い方が間違っていたな」などとフィードバックを自分で行ってみてください。

「ヒント」を押すと、回答するのに使用できるキーフレーズの例が表示されます。

どう答えていいか迷ってしまった場合は、キーフレーズを組み合わせて自分なりの回答をしてみましょう。

瞬間発話プラクティスは、スタディサプリENGLISHの中でも最も負荷の高いトレーニングになります。

慣れるまでは何回も繰り返ししないとスムーズに英語が出てくるようにならないかもしれませんが、アウトプットスキルを伸ばすのに大変有効なトレーニングなので、ぜひ根気よく続けてみてください。

スタディサプリENGLISH新日常英会話でさらに英語力を伸ばす方法

スタディサプリENGLISHは、たいへん優良な英語学習アプリですが、学習法を少し工夫するだけで、もっと英語力を伸ばすことができます。

そこで、ここからはスタディサプリENGLISHを使って、英語力を伸ばすためのコツをいくつか紹介していきたいと思います。

とにかく繰り返し

言うまでもないかもしれませんが、スタディサプリENGLISHの学習効果を高めるためには、「とにかく繰り返すこと」です。

スタディサプリENGLISHには、膨大の量のレッスンが収録されています。

また、ドラマ仕立てのストーリーなので、先が気になってどんどん進めたくなってしまう気持ちはすごく分かりますし、そこがスタディサプリENGLISHの素晴らし点でもありますが、ただただ進めていくだけでは勿体ないです。

同じレッスンを何度も繰り返しているうちに、登場人物が話す言葉を覚えてしまうくらいまで繰り返してください。

特に難しいトレーニングである「リード&ルックアップ」では、淀みなく英文をスラスラと再現できるようになることが、目指すべき状態です。

できるだけ常に声にだしながら行う

英会話の学習なので、声を出した方がいいのは言うまでもないかと思います。

しかし、スタディサプリENGLISHのレッスンにあるトレーニングは、声を出すものと、特に出さなくても良いものがあります。

例えば、本文チェックでは特に声を出す指示は出されません。

しかし、音声と声を重ねて同時に発話する「オーバーラッピング」をしたり、音声が文末まで読み上げられたらリピートする「リピーティング」をしたり、声を出すトレーニングを行いながら、本文チェックをしたほうが、学習効率が上がります。

スタディサプリENGLISHのアプリに声を出すよう指示されなくても、積極的に声を出すことを常に意識して、英語を発話するタイミングをできるだけ多く持つようにしましょう。

また、リード&ルックアップのように「声を出せる」か「声を出さない」かの選択肢を選ぶトレーニングに関しては、「声が出せない」の選択肢がある時点で、このトレーニングには声を出す必要が無いのでは?と思うかもしれませんね。

しかし、できるだけ特にまだトレーニングに慣れていない最初のうちは、声に出しながら行うことをおすすめします。

口パクでも効果はあるのですが、やはり声に出して行うことのほうが、自分の発音とお手本音声を比較して確認できるなどなど、メリットの数が上回ります。

とはいえ、声に出せないと効果がないというわけでは決してないので、電車の中などどうしても声を出せない場面では、口パクでトレーニングを行ってください。

声が出せる場面では必ず声を出してトレーニングを行うようにしましょう。

出先などではいっそ、そもそもほぼ声を出さなくていい、「会話理解クイズ」や「単語・イディオムチェック」「ディクテーション」「キーフレーズチェック」などを中心的に行うようにするのも一つの選択肢です。

その場合は自宅など周りを気にせず自由に声を出せる時に、出先でやりにくい「リード&ルックアップ」「瞬間発話プラクティス」などを声を出しながら集中して行うと良いでしょう。

オンライン英会話で会話実践する

記事の前半でも少しお話したとおり、スタディサプリではオンライン英会話で使える専用のオリジナル教材を提供しています。

オリジナル教材をダウンロードし活用して、スタディサプリENGLISHでインプットした知識をオンライン英会話で実践トレーニングしてみましょう。

これをするとしないとでは、英語フレーズの定着に大きな違いが出ますし、実際に人間相手にして英語を話して伝わったという成功体験にも繋がります。

すると、今後の学習モチベーションも向上するなど、いいことづくし。

ちなみに、スタディサプリENGLISH自体はオンラインレッスンを提供していないのですが、スタディサプリENGLISHが提携しているオンライン英会話サービスの「QQ ENGLISH」で、25分間のオンラインレッスンを受けることができます。

オンライン英会話も活用しながら、どんどん英語力を伸ばしてみてください。

継続が命!スタディサプリENGLISHを毎日続けるために

英語力は一朝一夕で身に付くものではないため、継続することが何より重要です。

どんなに良い教材や英語学習法を見つけることができても、勉強を行うのは自分自身なので、学習を継続することができなければ元も子もありません。

せっかくスタディサプリENGLISHを使って、英会話力習得を目指すのであれば、成果を感じられるまで頑張って継続していきたいですよね。

そこで、ここからは、スタディサプリENGLISHで英語学習を毎日継続していくための、ポイントやコツについてお伝えしていきたいと思います。

隙間時間に毎日コツコツ進めよう

また、スタディサプリENGLISH日常英会話は、1つ1つのレッスンが短めなので、隙間時間の学習に向いています。

ちょっとした空き時間が見つかったときなどに、1日1〜2レッスンを目安に少しずつ進めていくのがおすすめです。

たった5分や10分といった隙間時間でも、少しでも時間ができたときにすぐにスマホを開き学習する習慣を身に付けられると、意外と多くの学習時間を確保できるようになります。

また、2〜3時間といった長い時間ずっと机に向かって取り組むのはハードルが高くて大変ですが、数分〜数十分の隙間時間学習であれば、あまり負担に感じずに行うことができることでしょう。

「忙しくて勉強時間がない」「勉強すること自体が大嫌い」「机に向かって勉強していると集中力が続かない」という方は、ぜひ普段の生活を振り返って学習に使える隙間時間がないか確認してみてください。

例えば、「SNSを見てだらだらしている時間がある」「暇なときは目的もなくスマホをいじっている」という方は多いかと思います。

その時間こそ隙間時間なので、ぜひ勉強に充てるように意識してみてください。

まとめ

今回の記事では、スタディサプリENGLISHの「日常英会話コース」を」使った勉強法について、説明してきました。

スタディサプリENGLISHには、豊富なトレーニング・レッスンが収録されており、一般的な英会話教材よりも圧倒的に優れているアプリです。

適切な勉強法で活用すれば、英語が苦手な人でも大きな学習効果を得られるでしょう。

ぜひこの記事を参考にしながら、スタディサプリENGLISHを有効活用してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です